八塩あじさいの里|八福神が鎮座する紫陽花の名所|群馬県藤岡市

藤岡市を流れる神流川のほとりにある群馬の名湯八塩温泉郷。それに寄り添うように八塩あじさいの里が佇みます。梅雨時期の風物詩紫陽花とともに、八福神をお参りできる八塩あじさいの里をご紹介しましょう。

ロケーションと八塩温泉について

群馬県藤岡市浄法寺地区、神流川ほとりに佇む八塩温泉郷。豊かな自然に囲まれ、 のどかなロケーションが広がります。

太古の時代、この一帯は海だったと言われ、その頃の地層から温泉が湧きれる為、「塩の湯口八箇所」と呼ばれ、現在の八塩温泉に至ります。神水館や八潮館そして鬼石観光ホテルなどが立ち並ぶ、群馬の名湯です。

温泉郷に隣接する八塩あじさいの里

この八塩温泉郷には遊歩道が隣接して、周辺の豊かな自然を散策できます。整備された遊歩道には遊歩道には、釣り橋もあり情緒を感じながらのんびり歩けます。

そして、その名の通りあじさいの名所。例年6月の下旬から7月の上旬にかけて、5,000株もの紫陽花が遊歩道を彩り、美しい光景を花ります。

写真は6月上旬、見頃にはまだほど多かったですが、それでも美しい紫陽花を鑑賞できましたよ。
見頃:6 月下旬~7 月上旬 

あじさいの里で八福神巡り

ここで紫陽花とともに楽しみたいのが、八福神巡り。

一般的な七福神とともに、この地区の「鬼伝説」に因んだ福鬼神を加えた八福神が遊歩道内の要所要所に鎮座。

恵比寿・福禄寿・毘沙門天・弁財天・寿老人・布袋尊・大黒天と定番の七福神とともにお参りできます。

ブリッジアートや滝にほたる鑑賞スポットもあり

あじさいの里入り口には、八福神が描かれたブリッジアートがパステルカラーで描かれ、見ているだけで幸福を感じます。

また、大黒天から程近い場所には、大黒滝もあり。水はの流れはさほど急ではありませんが、森の中を流れ落ちる神秘的な滝の様子を見ることができます。

さらに、このシーズンに楽しめるのが蛍。大自然の中で美しい光景を放ち、見るものの心を惹きつけて止みません。マナーを守って蛍鑑賞楽しんでみてくださいね。

八塩あじさいの里スポット情報

住所:群馬県藤岡市浄法寺 124-1(八塩あじさいの里駐車場) 

公式HP

おわりに

梅雨時期の風物詩、紫陽花とともに八福神巡りや蛍も楽しめる八塩あじさいの里。見頃にぜひ足を運んで欲しい、オススメスポット。

整備された遊歩道はとても歩きやすく、あじさいと赤い鳥居のコラボレーションが絶景を織りなします。神秘的な風景とともに紫陽花鑑賞を楽しんでみてくださいね!