ろうばいの郷で冬に咲く奥ゆかしい黄色い花が満開を迎えます@安中市

群馬県安中市にあるろうばいの郷では黄色くて香りのよい蝋梅の花が見ごろを迎えています。冬に花開くろうばいは可憐ながらも力強い。群馬の冬の風物詩ろうばいの花を見に行ってきました。

 

蝋梅(ろうばい)って?

ウインタースウィートとも呼ばれるろうばいは中国から17世紀に伝わり12月に咲く梅のような花と蝋細工のような見た目から名付けられました。花言葉は慈しみ、奥ゆかしさという意味を持ち、解熱ややけど、咳などを止める効果があるといわれています。香りがよいことからアロマオイルなどにも利用され、鎮静・精神安定・空気を綺麗にしてくれる効果があります。咲く地域によって異なりますが、1月~3月に綺麗な花を咲かせます。

 

群馬県内で一番多くのろうばいが咲くろうばいの郷

群馬県安中市にあるろうばいの郷は県内最多のろうばいが咲くことで有名。今季も2017年12月24日より開園、1月に入ると8分咲きほどまで花が開き観光で訪れた人でにぎわっています。

広い駐車場に車を止めてエントランスで入場料を支払い、園内に入ります。順路に沿って進んでいきます。園内はとても広く、お散歩にもピッタリ!小さな子供を連れたファミリーからお年を召したご夫婦、家族連れなど多数の人でにぎわいます。

 

元気に花を開いている黄色い可憐なろうばい、近寄ってみるととても香りがよい!ほのかに香る優しいろうばいの香りはどこか心を落ち着かせてくれます。

 

園内散策、美しいろうばいをご覧ください!

 

広い園内には休憩スペースやトイレ、ベンチも完備。これなら小さなお子さんがいても安心、ろうばいの花をのんびり楽しめますね。室内で休憩ができます。しかも!この休憩所竹ハウスと呼ばれる竹でできた大きな建物なのです!中では地元名物の松井田ネギなど農産物をリーズナブルにゲットできます。

清潔感溢れるトイレ。

ベンチも数か所あるので、歩き疲れても大丈夫!

順路に沿って進んでいくと、ろうばいの木に札が!

蝋梅の原種

満月ろうばい

品種改良されているのですね!広い園内、のんびりお散歩しながらろうばいの花の美しさと香りが存分に楽しめます。寒い冬に咲く可憐なろうばいが心を癒してくれます。

 

ろうばいの見ごろにはおまつりも開催されます

群馬県内でろうばいが美しく咲くスポットは多数ありますがろうばいの郷は県内随一の本数を誇ります。見ごろに合わせてお祭りが行われ地元の人や観光客が多く訪れます。

第18回ろうばい祭り

開催:2018年1月7日(日)

甘酒が午前、午後に配布され切り花も先着でプレゼント。和太鼓や舞舞、八木節やハーモニカの演奏、ステージショーも行われるので、花を見ながらイベントも楽しめます。地元の特産物などを販売するスペースも登場しますよ!

 

ろうばいの郷詳細情報

 

公式HP

入場料:大人400円 小学生以下無料、障がいをお持ちの方申し出ると無料になります)

20名以上の団体 大人300円

住所:群馬県安中市松井田町上増田3677-1

安中市立細野小学校を目指してナビを設定するといいでしょう。

アクセス:車 上信越自動車道松井田妙義ICから10分

安中市のろうばいの郷いかがでしたか?

1200株12000本の花開くろうばいの郷、今年も黄色い花が咲き心安らぐ香りを放っています。あたりの風景は冬でカサカサの中ろうばいが元気に咲いていると心引きしまる思いが!

見て香りを感じられるろうばいの花が癒しを与えてくれます。お祭りももうすぐ開催されるので、ぜひ足を運んでみてください。寒い冬の中立派に咲き誇るろうばいが美しさと香りで心を癒してくれますよ。