正しくお参りご利益アップ 神社の正しい参拝方法

最近御朱印集めなどで神社を訪れる人が多く見られますが、正しい参拝方法をご存じでしょうか?せっかくお参りするなら正しい方法で神様にお願い事をお伝えしたいもの。

ここでは神社の正しい参拝方法をご紹介します。

鳥居

鳥居は神様と俗世間の境界線。お邪魔しますの心を持って軽く一礼してくぐるようにしましょう。

神様の通り道なので、真ん中を避けてくぐります。
また境内を出るときも感謝の気持ちをこめ、鳥居の外で一礼します。

鳥居から本殿に続く参道は神様の通り道なので、真ん中を避けてくぐってください。

手水舎

鳥居をくぐり左手にあるのが手水舎で簡潔化された禊を行います。まず右手にひしゃくを持ち、左手を清めます。

左手に持ち替えて右手を清めます。再度右手にひしゃくをもち、左手に水を受け口をすすぎます。

左手を洗いひしゃくを立てて柄の部分を洗います。

参道の歩き方

参道は本殿まで続くお参りのための道。真ん中は神様が通られる道なので、避けて歩くようにしましょう。

沿うdしても中央を横切らないといけない場合は、軽く頭を下げたり、参道の中央で神様に向かって一礼し、敬意を表します。

本殿

御祭神の御神体が祀られている本殿。場所によっては拝殿が有るケースも。本殿もしく拝殿でおまいりをしますが、拝殿で祈祷を受け付けるところも多く見られます

参拝

そしていよいよ参拝です。真心を混め身を引き締めて参拝しましょう。

まずはお賽銭をそっと入れます。そして90度ぐらいのお辞儀を2回します。そしてゆっくりと大きく2回手を打ちます。

お願いをしながら手をあわせます。

そして最後に深く一礼をして退きます。

参拝が終わったら・・・

来たときと同じように、参道の真ん中を通らないように鳥居へ向かいます。
そして鳥居を出たら神様に一礼お礼を申し上げてから退きます。

正しくお参りすると身が引き締まる思い、神様が願いごとをかなえてくれるかもしれませんよ。